SDGs 持続可能な開発目標とは?

最近いろいろなところで耳にする「SDGs」
ロゴマークのピンバッジをつけているビジネスパーソンも見かけます。

SDGsとは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標(外務省HPより)

私が大学生のころ、ミレニアム開発目標(MDGs)について学ぶ機会がありました。
当時を思い出すとまだ政府やボランティア団体、NGOなどが主導する取り組みだったように思います。
どちらかというと「途上国に対する援助」の印象が強かったのです。

それに対してSDGsは、 発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。
この点が私がSDGsに共感するポイントでもあります。
地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

この世界的な目標に対応する形で、国や政府だけではなく企業や個人が未来に向けた取り組みをしていくことになると、
考えています。

SDGsの5番目の目標「ジェンダー平等を実現しよう」

5 ジェンダー平等を実現しよう

働く女性を勇気づけることで、私も実現に貢献したいと思います。

PAGE TOP