仕事に対するモチベーションについて思うこと

転職を経験し、今までやったことのなかったマンション販売を行っている中で、「仕事観」が変化していることを感じます。備忘録的に書いてみたいと思います。

モチベーションとは何か

仕事に対するモチベーションを考えるとき、まず大切にすべきこととして、
「仕事に行く前、もしくは仕事が終わってその日を振り返ったときに嫌な気持ちにならないこと」があると思います。

「仕事なんだから嫌なことがあるのもしょうがない」というのはよく聞く話ですが、「嫌なこと」と「嫌な気持ち」は少し違います。「嫌なこと」は「楽しいこと」や「達成感のあること」が相殺できますが、「嫌な気持ち」は何かと相殺できるものではないと思うのです。

「出世して給料を上げたい」「成果を出して褒められたい」「自分の裁量をあげたい」仕事に対するモチベーションはさまざまです。管理職の方や部下を持つ人には「モチベーション」は「嫌な気持ち」の状態では語れないということを知ってもらいたい。

そういう私も、前職の時はそれを理解できずにいました。私にとって、新しい事業を軌道に乗せることは、「やりたいこと」で「やるべきと信じられること」で、「人の役に立つもの」で「会社をよくすること」でした。その状態は本当に恵まれていたと思います。「嫌なこと」はあっても「嫌な気持ち」にはならなかった。

「嫌な気持ち」の時は居場所を与える

当時の部下を思い出すと、「嫌な気持ち」になっている人がいたと今なら分かります。そんな時にモチベーションをあげるようなアプローチをするのも違うし、何かを抜擢するのも違うのです。「嫌な気持ち」になっているときは、淡々とできる仕事をあたえるべきだと思います。

淡々とこなしているうちに、仕事の全体像が見えたり、成果(といえるほどではなくても)が積みあがっていくことに気づきます。自分の居場所ができて、初めてモチベーションの話ができるのです。

転職して初めて出社する日、ほとんどの人がワクワクして「がんばろう」と思っているはずです。そこを「嫌な気持ち」から始めることの不幸ったらありません。

私はまだ自分の居場所を見つけられずにいるから、淡々と目の前のことをやるしかないのです。そういう人にクリエイティブな仕事を求めても成果を出すのは難しい。

いつか、「自分の大義」と「会社の方向性」と「嫌な気持ちをせずにできること」が重なったときにモチベーションは上がり以前のように仕事に熱中できるのだと思います。ただ、これからの働き方や時代を考えたときに、いわゆる「昭和な働き方」はなくなっていくのかなとも考えたりします。

PAGE TOP